もみのき病院

088-840-2222

文字サイズ

緩和ケア病棟理念・基本方針

<基本理念>
慈しみの心でひとりひとりの想いを大切に、その人らしい生活を送ることができるよう支援します

<基本方針>

  1. 疼痛などの不快な症状の緩和に努め、生活の質の向上に向けて最善を尽くします
  2. 患者さんの意志を尊重し、患者・家族の思いに寄り添った医療・看護を行ないます
  3. 患者さんが自分らしく生きたいという願いを大切にします
  4. 愛する人を失うご家族の悲しみから生じるさまざまな心身の変化を理解し、関わりの初めから死別の後まで家族を支援します

緩和ケアについて

緩和ケアは、がんと診断された時から受けることができる治療・ケアです

 がんの療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、だるさなどの体の不調、落ち込みなどの気分の辛さ、さらに仕事の中断やご家族の負担など社会的問題で患者さんやご家族の日常生活が妨げられることもあります。 これらの問題はがんの療養の経過中、程度の差はあってもほとんどの患者さんが経験します。

緩和ケア外来について

 もみのき病院の緩和ケア外来では、がんの療養における「生活の質」もがんを治すことと同じように大切と考え診療を行っています。  
 がん治療中の方でも、症状の緩和目的で通院されている方もいます。がん治療終了後も、自宅療養を継続しながら通院することも可能です。患者さん、ご家族を含めた生活を支える支援を医師・看護師・ソーシャルワーカーなどチームで行っています。

緩和ケア外来で行なうこと

1.身体的症状のコントロール
 外来通院をしながら、痛みや気分の辛さ、便秘などお薬の調整やアドバイスを行います。
 生活スタイルに合わせて、日帰りで輸血療法を受けることが出来ます。
2.症状緩和のための入院治療
 一時的に一般病棟に入院し、KM-CARTやドレナージ、輸血療法を実施しています。
  治療後は、外来通院をしながら症状のコントロールを行っています。
3.精神的・社会的サポート
 自律した生活が維持できるように、日常生活で困っていることを一緒に考えてサポートしています。
4.在宅療養のサポート
 患者さんができるだけ住み慣れた自宅で安心した療養生活ができるように、必要に応じて
 地域の往診医・訪問看護師・ケアマネージャーなどを調整しています。

「緩和ケア外来について」パンフレットはこちら

緩和ケア初診時までの流れ
 お問い合わせ先 地域医療連携室 088-888-2227 

1.主治医との相談

緩和ケア病棟を受診するためには、かかりつけ医師の紹介状が必要です。

2.外来の予約

緩和ケア外来は完全予約制です。かかりつけの相談員より予約をお取りします。

3.緩和ケア外来受診

ご本人とご家族、ご一緒に受診をお願いしています。
※事前に、「緩和ケアに関する問診票」に記載し、当日お持ちください。
「緩和ケアに関する問診票」ダウンロード

4.次回予約

症状などを考慮し、次回の予約をとり診察終了になります。

緩和ケア外来 担当医師    医師紹介医師紹介
 
午前
8:30~12:00
神原哲也 神原哲也
午後
13:30~17:00
神原哲也 神原哲也

診療は完全予約制です。

お問い合わせ

電話番号 088-840-2222
受付時間 平日8:30~17:30
土曜8:30~12:30
お問い合わせフォームはこちら
⇒リンク