本文へスキップ

高知市もみのき病院の診療科は脳神経外科,眼科,小児科,内科,緩和ケアです

ご予約・お問い合わせはTEL.088-840-2222

〒780-0952 高知県高知市塚ノ原6-1

目薬について

点眼びんの持ち方と点眼法

 

 点眼前に手を洗います。下まぶたを下に引っ張り、点眼びんの先がまつ毛やまぶたに触れないようにして点眼します。
 必ずしも目の真ん中に入れる必要はなく、下まぶたの部分に1滴落としてから目を閉じれば薬は全体に行きわたります。懸濁型の点眼液は、使用直前によく振ってから点眼するようにしてください。
子どもに点眼する方法はこちら(PDFで開きます)

1回の点眼量とあふれた場合の対応

1回の点眼量は1滴(約30~50マイクロリットル)で大丈夫です。点眼した後は、目を閉じ、目頭をおさえてしみこむのを待ちます。その際にあふれた点眼液は、ティッシュペーパーかぬれたタオルでふき取る、あるいは目の周囲を洗うのもよいでしょう。
 目薬によっては、目の周りについたままにすると黒ずんだりするものがありますので注意してください(キサラタンなど)。

点眼時間について

 緑内障の点眼薬は回数を守ることが肝心です。
その他の目薬についても、1日2回と指示されたときは、午前午後でだいたい同じ時間にさす方がよいと言われています。1日1回の場合は、朝か夜、医師に相談して決めましょう。寝る前に点眼して、そのまま眠っても大丈夫です。

点眼薬が何種類か出ているとき

 一度に2種類、3種類・・・といくつも点眼薬をさす場合、薬の効果を十分に出すために、1つさしたら5分以上あけて次をさすようにします。間をあけずにさすと、薬が混ざってうまく効果がでないことがあります。
 順序としては、懸濁性点眼液や眼軟膏は最後がよいでしょう。もっとも大事な点眼薬を、最後にさすのがベターです。よくわからない場合は医師に確認してください。

点眼薬の保存方法

 薬によって室温保存、冷所保存(冷蔵庫にいれる)、遮光(光にあてない)などがありますので、容器の表示を見て正しく保存しましょう。冷所保存が必要とされている点眼薬でも、1ヶ月ぐらいなら室温でも大丈夫といわれています。冷蔵庫にしまったままで点眼を忘れるよりは、さしやすい場所において忘れずにさすほうがよいと思います。

点眼薬の使用期限

 一度封を切ったあとは、1本の目薬は1か月で使い切るのが基本ですが、薬の種類によっては、開せん後の使用期限が1週間のものもありますので、容器の表示を見て確認しておきましょう。

外出の際の点眼薬の持ち運び

 冷蔵保存の目薬でも、旅行中などはバッグにいれて持ち歩いて大丈夫です。ただし、車の中は時に50度を超える高温になりますので、車中には置きっぱなしにしないようにしてください。
注意:お薬は、医師の指示どおりに使用することが大切です。もちろん目薬も例外ではありません。ここにあげた使用方法は一般的なものですので、かかりつけの医師の説明をよく聞いて、指示に従ってください。
高知ガンマナイフセンター
 通算4000例以上の治療実績。脳腫瘍・脳動静脈奇形など、切らずに治療することができます。
脳神経外科
もみのき病院
フェイスブックページ

もみのき病院の最新情報を日々更新していますので、こちらも是非ご覧ください。
もみくんfacebook
もみくんの
フェイスブックページ
もみのき病院栄養科ブログ
もみのき病院栄養科ブログ
行事食やレシピなどを紹介しています。
内田グループについて
内田グループ
機能評価認定小児科

帰ろう高知県


個人情報保護について
サイトマップ

医療法人治久会 もみのき病院
〒780-0952
 高知県高知市塚ノ原6番地1
  TEL:088-840-2222
  FAX:088-840-1001