もみのき病院

088-840-2222

文字サイズ

緑内障について

緑内障とは

視神経が障害され、視野が狭くなっていく病気です。眼圧を十分下げることで、進行を抑制することのできる疾患と定義されました。一度狭くなった視野は元にもどらないので、早く発見して、病気の進行を食い止める治療を始めることが大事です。視野が狭くなっても、片方の眼が補ってしまうので、あまり支障がなく、病気に気付かず過ごしてしまう方もあるようです。

緑内障の視野欠損

緑内障視野

緑内障の検査と治療

眼圧検査、眼底検査、視野検査などを行なって診断します。
治療としては点眼薬を用います。重症の場合は手術をお勧めする場合もあります。 点眼薬は眼圧を下げて、視野異常がこれ以上進行しないようにするために使用します。従って、指示通りにきちんと続けることが大切です。基本的には生涯さし続けるようになります。

お問い合わせ

電話番号 088-840-2222
受付時間 平日8:30~17:30
土曜8:30~12:30
お問い合わせフォームはこちら
⇒リンク