本文へスキップ

高知市もみのき病院の診療科は脳神経外科,眼科,小児科,内科,緩和ケアです

ご予約・お問い合わせはTEL.088-840-2222

〒780-0952 高知県高知市塚ノ原6-1

片頭痛についてmigraine

片頭痛の原因について
 頭部の血管が広がり、炎症を起こして痛みが起こる頭痛です。しかし、その誘因は人それぞれです。主にストレスやホルモンバランスの乱れ、アルコールや食品などがきっかけとなることが多いといわれています。血管が拡がって炎症を起こすと、そのまわりの神経が刺激を受けて痛みが現れます。
特長
*首や肩こりを伴うことが多い
*20〜50歳代の女性に多い(多くは30歳までに発症)
*頭の片側のこめかみを中心に痛み、ひどくなると頭全体に痛みが拡がる
*脈を打つのに合わせてズキンズキン、ガンガンと痛むこともあり、頭を振ったり体を
 動かしたりすると痛みが強くなる
*痛みのピークに吐き気がしたり、吐くことがある
*あまりの痛みに動くこともできず、仕事や勉強などが手につかなくなったり寝込んで
 しまったりすることもある
*頭痛は月に1〜3回程度で、ひとたび起こると4時間〜3日間くらい続く
*頭痛が起こる前に、何らかの前ぶれ症状が起こる場合がある
*親子で遺伝することが多い  
 治療方法
発作中:市販の鎮痛薬を飲む場合は、痛みが軽いうちに飲むこと。いったんひどい痛みが始まると、薬が効かないことが多いです。特効薬とされるのは、トリプタン製剤です。経口薬、注射剤、点鼻薬があり、片頭痛の原因である血管の拡張と炎症をしずめます。従来使われてきたエルゴタミン製剤も拡張した血管を収縮させる働きがあります。吐き気がある場合は、吐き気止めの薬も使います。
予防:片頭痛の起こる頻度が1週間に1回以上の場合は、予防薬を前もって病院でもらって服用するとよいでしょう。
 自分で気を付けられること
  できるだけ規則正しい生活を心がけ、アルコールもほどほどにしましょう。過度の寝すぎや睡眠不足、ストレス、人込みなどにも注意が必要です。それでも起こってしまったら、傷む部分を冷やすなどの手当てをして安静にします。光や音によって痛みが増すこともあるので、部屋を暗くしたほうがよいでしょう。コーヒーや緑茶なども血管を収縮させる作用があり効果的です。
 注意
  片頭痛は、いったん治まると痛みはうそのように消えてしまい、ふだんは何の症状もありません。そのため、痛み出したときだけ市販の鎮痛薬を飲んで、我慢してしまう人も少なくありません。市販薬でうまくコントロールできていれば問題ありませんが、
1.痛みが頻回の場合
2.市販薬が効かない場合
3.毎日のように鎮痛薬を服用している場合
4.寝込んでしまう場合
など、日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合は、自己判断で対処せず、医師に相談するようにしましょう。     


高知ガンマナイフセンター
 通算4000例以上の治療実績。脳腫瘍・脳動静脈奇形など、切らずに治療することができます。
脳神経外科
もみのき病院
フェイスブックページ

もみのき病院の最新情報を日々更新していますので、こちらも是非ご覧ください。
もみくんfacebook
もみくんの
フェイスブックページ
もみのき病院栄養科ブログ
もみのき病院栄養科ブログ
行事食やレシピなどを紹介しています。
内田グループについて
内田グループ
機能評価認定小児科

帰ろう高知県


個人情報保護について
サイトマップ

医療法人治久会 もみのき病院
〒780-0952
 高知県高知市塚ノ原6番地1
  TEL:088-840-2222
  FAX:088-840-1001