本文へスキップ

高知市もみのき病院の診療科は脳神経外科,眼科,小児科,内科,緩和ケアです

ご予約・お問い合わせはTEL.088-840-2222

〒780-0952 高知県高知市塚ノ原6-1

椎間板ヘルニアintervertebral disk displacement

椎間板とは

人間の背骨は、24個の骨で構成されています。 そして、椎骨と椎骨の間には、クッションの役割をはたす「椎間板」とよばれる一種の軟骨が存在します。 さらに、椎間板は、繊維輪(周辺の硬い部分)と、髄核(中心部分)で、構成されています。


  ここまでの説明で、ちょっと解りづらいなぁ・・・ という方は、「どら焼き」と「お饅頭」を、想像してみて下さい。 どら焼きには、上下に皮が有り、その間にアンコが有りますね。 ・どら焼きの皮が「骨(椎骨)」 ・アンコが「椎間板」 さらに、椎間板をお饅頭で例えると ・お饅頭の皮が「繊維輪」 ・アンコが「髄核」と、なります。

椎間板ヘルニアとは 

辞典などでは、
ヘルニア [hernia] = 臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態
と言われています。飛び出した(膨れた)椎間板が、神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。 
   
矢印の部分が飛び出した(膨れた)部分  四角で囲ってある部分が飛び出した (膨れた)部分  
つまり、椎間板ヘルニアとは、繊維輪(周辺の硬い部分)に亀裂が生じ、髄核(中心部分)が繊維輪を破って飛び出し(膨れて)しまうことなのです。
上の図と先ほどの「どら焼き」と「お饅頭」で例えるなら、アンコが、お饅頭の皮を飛び出して(膨れて)しまったものが、ヘルニアなのです。  

椎間板ヘルニアの代表的な症状 

片側の下肢痛。

  臀部から足にかけ、猛烈な激痛を訴えることが多い。 せきやくしゃみでも、激痛がおこります。
  ヘルニアが巨大な場合、両側に症状が出ることもあります。
坐骨神経痛 、 腰痛

腰から足先にかけてしびれや痛み、感覚障害 、冷感

筋力の低下

重度の場合、排尿障害などが現れる場合もあります

椎間板ヘルニアの治療

 保存療法で80%〜90%の割合で症状が改善されると言われています。
 消炎・鎮痛剤や筋弛緩剤を内服し除痛を図りながらコルセットなどで固定し安静をとります。
 急性期を過ぎた後は、温熱療法、低周波治療、ストレッチの指導がなされます。
 当院では、手術が必要な場合には、脊椎手術の経験豊富な医師が執刀いたします。
 

高知ガンマナイフセンター
 通算4000例以上の治療実績。脳腫瘍・脳動静脈奇形など、切らずに治療することができます。
脳神経外科
もみのき病院
フェイスブックページ

もみのき病院の最新情報を日々更新していますので、こちらも是非ご覧ください。
もみくんfacebook
もみくんの
フェイスブックページ
もみのき病院栄養科ブログ
もみのき病院栄養科ブログ
行事食やレシピなどを紹介しています。
内田グループについて
内田グループ
機能評価認定小児科

帰ろう高知県


個人情報保護について
サイトマップ

医療法人治久会 もみのき病院
〒780-0952
 高知県高知市塚ノ原6番地1
  TEL:088-840-2222
  FAX:088-840-1001